痩せるお茶でダイエットを楽にしよう|脂肪燃焼を促進します

薬

知っておくといいこと

お茶からでも

美容

痩せるお茶というものがあります。このメカニズムは2通りあり、脂肪や糖質の吸収を抑えることにより結果とし摂取カロリーを抑えるもの、もう一つは脂肪や糖質の燃焼を助けるものがあります。どちらか一方あるいは両方ともあり、申請した場合ある程度効果があると認定された場合、トクホとして販売されます。よってトクホでは脂肪の吸収を抑えるや、燃焼を助けるなどの文言が良く使われます。痩せるお茶はトクホ以外にもあります。ウーロン茶やプーアル茶には脂肪の吸収を抑える働きがあります。特に紅茶はコーヒーや緑茶と違い体を温める作用があるとされています。しかもカフェインが含まれているため脂肪燃焼促進作用があります。つまりこれらのお茶は痩せるお茶ということになります。

身体を温める

身体を温めることは基礎体温の上昇にもつながるため、基礎代謝が増えダイエットにも効果的です。痩せるお茶を飲む場合も氷で冷えたものより常温、あるいは温かい方がダイエット効果があります。特に朝一の白湯などは健康的にいいとされています。白湯は温まるだけでなく、代謝系を亢進させ、また排泄を促す作用もあるため、ただのお湯といえども痩せるお茶と言えます。痩せるお茶で脂肪や糖質吸収を抑える場合、気を付けなければならないことがあります。それは飲みすぎです。いくら吸収を抑えるからと言え食事中に飲みすぎると胃酸が薄まり消化不良になることもあります。食前食後にコップ1杯程度のお茶で十分な効果が得られます。薬との飲み合わせを気にされる方がいますが、ほとんどの場合お茶程度で中和される効果など微々たるものです。