痩せるお茶でダイエットを楽にしよう|脂肪燃焼を促進します

薬

長く続けて痩せていく

ダイエットをサポートする

女性

我々の生活に深く根差しているお茶。ちょっとした水分補給や仕事の息抜きにも欠かせないホットアイテムとして重宝されています。そんなお茶の持つ特性の中にダイエット効果があります。痩せるお茶のことです。痩せるお茶を飲めばカロリーの高い食事をしても太らない、というわけではありません。薬のような即効性はないがダイエットのサポートの役割を果たすことができます。この点に注意して続ければ効果が現れます。痩せるお茶の機能には脂肪燃焼効果や食事の際の脂肪吸収阻害、利尿作用によるむくみ解消といったものがあります。お茶に含まれるカフェインには脂肪燃焼効果があります。カフェインは緑茶や紅茶、ウーロン茶に含まれ、体内の酵素に働きかけて脂肪燃焼を促進します。ジョギングやウォーキングといった有酸素運動を行う30分前に飲むとより効果を発揮します。

脂肪は摂らない

食事のときに飲んで脂肪や糖分の吸収を抑えるお茶がウーロン茶やプーアル茶で、これらに多く含まれるポリフェノールが脂肪分解酵素の働きを阻害します。ゴーヤ茶や桑の葉茶は糖分の吸収を抑制します。食前に糖分の吸収を抑えるお茶を、食事中に脂肪の吸収を抑えるお茶を飲めば効果的です。むくみは運動不足や塩分の摂り過ぎで起こりますが、利尿作用のある杜仲茶やドクダミ茶、ハト麦茶を飲むことで改善されます。これらのお茶をこまめに飲み、水分の補給と老廃物を排出することでむくみを改善します。その他の痩せるお茶として、デトックス効果で便秘を改善するタンポポ茶やゴボウ茶があります。両方とも水溶性食物繊維が豊富なので自然なお通じが期待できます。